2014年10月16日

ポンプ修理について

ポンプ修理は、出来るだけ依頼されたその日に修理して、使えるようにしたいと当方では考えています。(24時間対応ではありませんのでその点はご容赦下さい。)

ポンプの部品をいろいろと在庫してご用意しています。

修理ではダメなポンプについては新しいポンプと交換をいたします。

浅井戸ポンプ・深井戸ポンプ・水中ポンプの家庭用ポンプ数種類を在庫で用意していますので素早く対応できます。(頼んだ時間によっては当日に復旧できます)


ポンプ修理にしてもポンプ交換にしても工事に入る前に、お見積りを出してから工事に入ります。
お見積りは無料でさせて頂いています。


この様にボーリング工事が終わった後も(ポンプ修理・ポンプ交換・井戸掃除)等の対応をしていますので、ぜひ井戸ボーリング工事もお任せ下さい。


このサイトのトップページURL http://nakasimaboring.com

posted by 中島@管理担当 at 16:21| ポンプ修理・ポンプ交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナメクジ対策をしてポンプを取り付けます

当方では、地上に立ち上がっているVP100パイプからナメクジやゴミが入らないように対策して、ポンプを取り付けします。


↓はジェット式ポンプを施工した場合の写真です、クリックすると写真を拡大出来ます。
IMGP0831.JPG
当方ではこのように井戸フタを使ってナメクジの入る隙間がないようにして施工いたします。井戸フタを使わないで保温チューブとビニールテープを使ってグルグル巻きにしても小さな隙間からナメクジが侵入してしまいます。

↓の写真の穴は水位計を入れるための大事な穴です、ポンプの調子が悪い時にここから水位計を降ろして水位を図って原因の究明に利用します。クリックすると写真を拡大出来ます。
IMGP0830.JPG
このように水位計を入れようと思ったら簡単に穴が開くように当方で加工した井戸フタを使用しています。
通常時はVP13のパイプとキャップを利用して穴を塞いでいます。



↓は水中ポンプを施工した場合の地上部分の様子です、クリックすると写真を拡大出来ます。
IMGP0828.JPG
この穴から水中ポンプのケーブルとロープが出てきます。当方ではこの穴からナメクジが入らない様に、コーキングで隙間を完全に塞いでしまいますので、ご安心下さい。

↓の写真をご覧下さい、水中ポンプの場合の水位計を入れるための穴の写真です。クリックすると写真を拡大して見る事が出来ます。
IMGP0826.JPG


ナメクジ対策!と言いますとけっこうなお金のかかる大仰な事の様に思うかもしれませんが、このように些細な事を少し気を使って施工するだけでナメクジ対策が出来ます。

すでにナメクジが入ってしまっていて、井戸の掃除を依頼されたい場合ですが、水中ポンプまたはジェットの交換とセットで依頼していただければ1万円値引きして井戸の掃除をいたします。


このサイトのトップページURL http://nakasimaboring.com

posted by 中島@管理担当 at 15:30| ポンプ修理・ポンプ交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする